読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かめかわいい

これはミシシッピニオイガメのお世話記録です。たまに他のいきものも登場予定。

かめこの話(その6・再診)

かめこ カメの病院

8/11(木)

再び病院の日です。

夕方からだったので、昼間かめこの様子をそっと見ると、岩の上でじっとしていました。

f:id:kamenomameko:20160915224821j:plain

 

移動中はおとなしくしているとはいえ、暗い中でなにやら揺れるし、明るくなったらなったで慣れない病院だし、かめこにとって通院は少なからずストレスがかかっていたことでしょう。

 

今回も卵胞の様子を見るため足の付け根のエコーをしてもらいました。

卵胞がまた写っています。これが前回7/17に撮ったものなのか、新しくできたものなのかを判断するのは難しいそうです。

卵胞がいつまでもお腹の中にあって体に影響を及ぼすような場合は、最後の手段として開腹手術をして卵巣を取らないといけないと言われました。

 

カメの卵巣は、人間や犬猫とは違い、複雑な作りになっているので、全てを取りきるのは不可能だそうです。こんなに小さいのにお腹を開くとか…聞いていて手が冷たくなるような思いでした。

 

その他、先生と話をした中では、エサを全く食べないのは問題だけれども、食べる時には食べるならまだ様子見でOK。

ただ、今のような状態の時に嗜好性のあるもの(煮干しなど)ばかりをあげるとそれしか食べなくなってしまうので、食欲の有無のチェックの意味でたまにあげるならよいのだそう。

 

なんにしても、この卵胞を持っていることからくる不安定な状態が変わらなければ、また8月末頃に再受診するように言われました。

素人目の経過観察はとても不安です。きっとまた月末に診てもらうことになるだろうなと思いました。

お会計は、再診費とエコーで2,376円でした。

 

f:id:kamenomameko:20160915230236j:plain

この日の夜、水換え中にのしのしと筆入れの上に登っていました。

見た目には何も変わらないように見えますが、体の中で何が起こっているのか、かめこも初めてのことで分からず不安だろうな、でもどうしてあげたらいいんだろう、という暗く立ち込めた雲の中にいるような気持ちでした。